RE-SPAWN LOGO

何を食べたらいいですか?

ブログ2022-05-17  

こんばんは、トレーナー大川です!

 

今日は、よくある質問『何を食べたら痩せますか?』『何食べたらいいですか?』について書いていこうと思います。

 

おすすめはズバリ、『酵素を取ること』です。

酵素とは、体内で作られるタンパク質のことで、体の中で起こる様々な化学反応をスムーズにする役目があります。そのため、人間にとって不可欠な物質です。

 

酵素は、『消化酵素』『代謝酵素』『食物酵素』の大きく3つに分けられます。

消化酵素と代謝酵素は体内で作られるのですが、年齢ごとに1年で作られる量が決まっており、20代をピークに徐々に作られる量が減っていくため、食べ物から得られる食物酵素で補わなければなりません。

 

20代に比べ、『油っぽいものが食べられなくなった。胃もたれするようになった。肌のターンオーバーが遅くなった。痩せにくくなった。etc…』

 

     

 

 

こんなことを感じていたら酵素が足りていない証拠です。

ちなみに34歳新婚の私は、以前よりも肌のターンオーバーが遅くなったと感じています笑

まだ、油っぽいものは好きですが、胃もたれする時もあります😝

 

 

消化酵素は、胃や小腸など消化器官から分泌され、食べ物を吸収しやすいように消化、分解する働きがあります。

代謝酵素は、体内に吸収された栄養素を体の細胞に届ける働きがあります。代謝酵素により、全身の機能を安定させ、新陳代謝をよくすることができます。呼吸、運動、思考、ケガを治すなどの場面でも代謝酵素は働いています。また、肌のターンオーバーを整えたり、老廃物の排出を促したりするのも代謝酵素の働きです。

 

(私、代謝酵素が足りていない。。😭)

この2つの酵素はどちらも分母は同じ酵素なので、例えば会食などでたくさん食べ、たくさん飲むことで消化酵素に7割使われ、代謝酵素に3割しか使われていなかったとしたら、『油っぽいものが食べられなくなった。胃もたれするようになった。肌のターンオーバーが遅くなった。痩せにくくなった。etc…』感覚があるでしょう。

 

 

そこで、どうしたらいいのか?

 

 

食べ物から食物酵素を取ればいいのです!
食物酵素は、消化を助け体内の消化酵素の無駄遣いを防ぎます。
消化酵素を節約することで代謝酵素の量を増やし、代謝酵素をサポートする働きがあります。

 

では、何を食べれば食物酵素が取れるのか?

 

この続きは次回更新します!

 

 

 

関連記事