RE-SPAWN LOGO

Kさん、ベンチプレス40kg→75kgまでの道のり

ブログ2022-08-05  

Kさん、ベンチプレス40kg→75kgまでの道のり|RE-SPAWN(リスポーン) 小岩にあるパーソナルジム&キックボクシング

こんにちは、寺崎です。

 

今日は私のトレーニングを2年継続してくださっているKさんの声ということでご紹介をさせていただきます。

 

Kさんはドライグッズを経営する社長さんです。

ドライグッズコンフォート

ドライグッズブログ

 

 

Kさんとの出会いはYさんから紹介していただいてからになります。
(Yさんは次回ご紹介させていただきます。小岩付近に3店舗ある頃場の社長ですw)

 

 

 

紹介していただいた時のKさんは
「身体がダルダルになってきたので引き締めたい & キックボクシングなどの格闘技をやってみたいからパーソナルトレーニングをお願いします」と

 

私はRE-SPAWNをオープンする10年くらい前から、空手・キックボクシング・パーソナルトレーニングを指導していましたので、この時からKさんのトレーニングをサポートさせて頂いておりました。

 

Kさんは現在47歳、トレーニング歴は学生時代の本格的な陸上競技と、数年前に通った有名なパーソナルジムでのトレーニングだそうです。

 

週2のトレーニングを全16回、数十万のお支払いをして二か月でダイエットに成功できたそうです。

 

その時はどうだったのか聞いてみました。

 

寺崎「成功できてからその後、身体はどうなったんですか?」

 

Kさん「その時は成功できたのですが、その後に制限されていた食事を解禁しトレーニングをしなくなったらすぐにリバウンドしてしまいましたw」

 

寺崎「継続しないとやっぱりそうなりますよね。その時のトレーニングはどうだったんですか?」

 

Kさん「プロのトレーナーさん達なのでよく教えてくれたのでよかったのですが、食事制限がすごくてストレスが溜まっていきました・・・。」

 

Kさん「食べなければ痩せるのは自分でもわかっているんですが、自分としては好きな物を食べながら筋力をつけ、見た目がバキバキになり男らしい身体になることが理想でした。」

 

============================

 

と、短期的なダイエットで瘦せられる方は多いみたいですが、その後何もせずに前のような生活をしてしまってはリバウンドする人が多いようです。

 

 

 

 

最初のKさんは上半身の筋量が少なく、更に四十肩もありベンチプレスは40kgが限界でした。

 

1年間週1回のトレーニングを継続していただき、少しづつではありましたが筋量も増え、脂肪も減り見た目が変化していきました。

 

Kさんはトレーニングに対しての熱量が高く、追い込むとどんどん重量を上げていってくれました。

この時のベンチプレスの最高値は55kg。(四十肩が結構ひどくなかなかできなかった。)

 

 

そしてトレーニング2年目になり、私がRE-SPAWNをオープンしますと伝えたら、「ジムができたら週2は絶対に行きたい」と言っていただき、3月26日にオープンしてから「週2のコース」に通ってくれるようになりました。

 

そんなKさんの現在は、、、

 

四十肩もよくなりベンチプレスは75kgまで上げられるようになっています!!

 

寺崎「最初30㎏からスタートでしたよね?」

 

Kさん「そうでしたよ、今では75kg上げられるようになり本当に嬉しいです。」

 

寺崎「四十肩も酷かったですし、やっぱり継続こそ力ですね。」

 

Kさん「見た目も筋が出てきて筋量が増えて、男らしくなって最高です。あとトレーニングは週1よりやっぱり週2やらないと効果が出にくいですね。前の通っていた短期間パーソナルとは違い食事制限がないので、美味しい物を食べながら酒を結構飲むのですが、全然体重が増えないです。」

 

寺崎「そんだけいつも追い込んでますからねw」

 

Kさん「いつも辛いですが・・・」

 

寺崎「Kさんだからあのメニューなんですよ、欲しがるからw。あとうちのジムの魅力って他に何ですか?」

 

Kさん「やっぱりキックボクシングができるところですよ。殴ったり、蹴ったりなんて非現実的な動きで普段はできないけど、ここなら思いっきり受けてもらえるからめちゃくちゃストレス発散できます。ただ、いつも最後にはやりすぎて動けなくなりますけど・・・。」

 

寺崎「KさんMですからね・・・w」

 

 

まだまだ理想の身体になるまで、モチベーションが高いKさん

 

今後どんな身体になっていくか非常に楽しみです。

 

自分も負けないようにもっとトレーニングしよっと。

 

では、次回のブログはYさんについて書かせていただきます。

関連記事